骨粗しょう症の症状|粗しょう症の予防ならカルシウム食品・乳酸カルシウムがオススメ

お問い合わせはこちら0120-06-6600

 

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症による主な症状といえば骨折ですが、その他にもさまざまな症状があり、また進行具合によっても変化します。特に初期段階では自覚症状が全くないため、骨折をして初めて骨粗しょう症だと気づく方も多いようです。
そうなるまで放置してしまっては大変。以下のような症状や痛みが発生してしまう前に、すぐにでも予防を始めましょう。

◆骨粗しょう症の種類

骨粗しょう症は大きく2種類に分けることができます。

1.原発性骨粗しょう症…
特定の原因を持たない、生活習慣などによる骨粗しょう症
 
  • 閉経後の女性に見られる、急激な女性ホルモンの減少によるもの
  • カルシウムのバランスが崩れて起こる老人性のもの
  • 原因不明の突発性もの
2.続発性骨粗しょう症…
特定の原因による骨粗しょう症

  • 長期にわたるステロイド服用による薬物性のもの
  • 関節リウマチなどの基礎疾患に伴うもの
  • 甲状腺機能亢進症やバセドー病などの内分泌性のもの

◆骨粗しょう症の症状

段階 症状 詳細
初期段階 症状なし 自覚症状はない
進行期 疼痛(腰背部痛) 安静にしていても感じる不快感や痛み、前屈したときの痛み、座ったり立ったりしたときの痛み、歩行時の痛み、寝返りを打ったときの痛み
骨折 大腿部骨折、脊椎骨折、肋骨骨折、上腕骨頸部骨折など、転倒しただけでも骨折にいたることがある
脊椎変形、骨折による症状(前傾姿勢) ・体のバランスが安定せず、転倒しやすくなる
・胃の圧迫により膨満感を感じ食欲が減退する
・食物が喉につかえたり、逆流や胸焼けを起こす
・起き上がりや長距離の歩行、仰向けの姿勢が困難になるなどの日常生活への支障
・身長が縮む
寝たきり 太ももの大腿骨(だいたいこつ)骨折により歩行が困難になり、一旦寝込んでしまうことで完治後でも歩行が困難になる

乳酸カルシウム骨粗しょう症予防しよう。

 

Copyright(C)2007 乳酸カルシウム・野菜カルシウムの実力 All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】