骨粗しょう症・カルシウムについて|粗しょう症の予防ならカルシウム食品・乳酸カルシウムがオススメ

お問い合わせはこちら0120-06-6600

 

骨粗しょう症・カルシウムについて

骨粗しょう症基礎知識

骨粗しょう症は外見からはわからない骨の病気です。ですが一度発症してしまうと、日々の生活に大きな影響が…。
生活習慣の影響を大きく受ける骨粗しょう症は、骨量(骨密度)の減少によって引き起こされます。
20代から40代までが骨の成長のピークであるため、従来は高齢者の病気と考えられていました。しかし現代では、食生活などの問題から20代や30代でも発症することがあるようです。

今は問題なくても、きちんと日々の“骨ケア”をしていなければ、年をとってから発症する可能性が高まってしまいます。
もしかしたら、すでにあなたも骨粗しょう症予備軍なのかもしれません。骨粗しょう症を予防するためには、日頃から対策が大切です。

骨粗しょう症基礎知識
 

骨粗しょう症の仕組み

骨粗しょう症とは、骨がスカスカになってもろくなってしまう病気です。閉経後の女性や高齢者だけでなく若い女性にも見られるこの病気のメカニズムを、こちらのページでわかりやすくご説明しています。
なぜ骨がスカスカになってしまうのか?骨粗しょう症になるとどんな症状が現れるのか?骨粗しょう症のことをまるごとチェックしましょう。

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症になると、軽い転倒などでも骨折するほど骨がもろくなってしまいます。それだけでなく、「何もしていないのに腰が痛い」「内臓が圧迫されて食べ物が喉を通らない…」など日常生活に支障をきたすような症状も出ます。
こちらのページでは、骨粗しょう症の種類とさまざまな症状をご紹介しています。

医療機関における骨粗しょう症の検査・治療方法

骨粗しょう症の治療の基本は、「今ある骨量を維持し、骨折を防ぐ」ことです。そのために行われる治療は、医師のアドバイスをもとに自分で行う生活習慣の改善と医療機関による薬物療法です。
丈夫な骨を維持するためにカルシウムの摂取と適度な運動、そして注射などの治療によって骨量の減少を防ぎます。

 

Copyright(C)2007 乳酸カルシウム・野菜カルシウムの実力 All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】